各種予防接種のお問い合わせ・ご予約は下記の電話・FAX・メールまで。

生協きたはま診療所

電話 053(584)1550

FAX 053(584)1551

メール kita-hcp@y3.dion.ne.jp

高齢者用肺炎球菌ワクチンを実施しております      2017年4月

平成26年10月から、高齢者に対する肺炎球菌ワクチンが定期接種化されて、接種費用の一部が公費負担されるようになりました。これに伴い当院でも、肺炎球菌ワクチン接種を行っています。

浜松市の助成については 「浜松市高齢者肺炎球菌予防接種の公費助成について 」を以下ご参照ください。 

高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種の公費助成について

平成26年10月1日より高齢者用に対する肺炎球菌予防接種が定期予防接種に追加されました。浜松市においても公費助成が開始され、生協きたはま診療所でも対象の方はどなたでも接種することができます。

【平成30年度の対象者】

この予防接種は5年かけて65歳以上の人が順次助成対象となります。(生年月日によって助成を受けられる年度が異なります)平成30年度の対象者には、予防接種券が送付されております。以下の表を参考にしてください。

申し込み方法

★当院に受診されている方 

あらかじめご予約をお願いします。外来の通常診療とあわせて接種します。※当日の体調によっては接種日を変更していただくことがあります。

★当院に受診されていない方

外来診療の終了時間帯での予約をお取りします。※感染対策のため。

ご希望の方はあらかじめご予約をおねがいします。☎053-584-1550

★公費対象年齢でない方は、自費にて接種が可能です 

医療生協組合員(6,800円)、非組合員(7,600円 ※接種当日ご加入いただければ組合員価格にて接種可)


予防接種のお知らせ

定期予防接種と任意予防接種の違い

定期予防接種は予防接種法に位置付けられている予防接種で、定められている年齢の期間内であれば、公費負担により無料で接種できます。

それに対して、任意予防接種は希望によって受ける予防接種で、接種費用は自己負担となります。また、予防接種による健康被害があった場合の救済の仕組みにも違いがあります。診療所では、相談に応じていますのでお声がけください。

予防接種の種類とスケジュールのおしらせ

公費負担の任意予防接種について

以下の予防接種は、対象年齢内であれば公費の助成を受けることができます。
ただし、定期予防接種(予防接種法に基づいて実施されるもの)に該当しないため、健康被害が発生した場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済給付の申請をすることになります。(予防接種法に基づく補償は受けられません。)

  • 麻しん・風しん混合第1期
    第1期の接種を忘れた場合、第2期の対象年齢前(幼稚園などの年中組)までの間、公費負担の任意予防接種として無料で接種できます。

 

予防接種ごとに標準的な接種年齢が決められています。計画的に接種をしていきましょう。

国立感染症研究所感染症情報センターはこちらから

公費負担に該当しない場合の予防接種料金