生協ショートステイ きたはまの郷    ☎053-585-5800

◆ご自分のペースでゆっくり泊まれるショートステイ

 待ちに待ったショートステイの利用が始まりました。広いホールと静かな居室は利用していただいた方に「よいところだね」と喜ばれています。ショートステイは24時間の生活の場になるため、それぞれの方に合わせたプログラムに沿って、ゆっくり過ごしていただきます。初めての利用者さんでも職員の声掛けで、和やかに会話が出来るようになります。長期利用の方は花の水やりや施設周りの遊歩道を散歩したり、夏野菜を育てたりしています。

 ご自宅で和室に布団を敷いているという方には、施設でもベッドではなく畳スペースをご用意して利用していただいています。

 持物の準備や送迎時間などご家族の負荷を減らす事が出来るように、ご希望にあわせて対応しています。

ショートステイは土日月の利用が多くなりほぼ満室の状況になっています。平日の定利用も伸びてきて2月の延利用人数が400人を超えました。3月は480人を超える予定でうれしい悲鳴を上げています。ご家族やケアマネからは「安心できる」「対応が良い」などうれしい言葉をいただきました。

《職員急募!!》

職員確保の状況は大変困難を極めています。ショートステイの勤務がさらに厳しくなっています。夜勤ができる介護職員をご紹介ください

《ボランティア募集》

 

土日の15001730頃にフロアーでのお話し相手をしてくださるボランティアさん。1時間でも2時間でも結構です。

ショートステイの利用が少しずつ伸びています。生協ケアプランセンターからはもちろんですが、ほかのケアマネジャーからも徐々に増え新規利用者は12月に7名、1月は10名となりました。年末年始に「入浴したい」ということで見学に来た方が利用に結びつき、その後も定期利用になったり、法人外のケアマネが生協ショートは「対応が早いし、柔軟に相談に乗ってくれる」と同じ事業所のケアマネに紹介して下さるなどうれしい出来事もありました。

ボランティアさん 募集中。

◆◆ボランティア活動内容◆◆

① イベント:午後2時から1時間程度

② 話し相手・手作業・お手玉づくり:午後4時~1時間程度

----ご案内------

ショートステイきたはまの郷では、土曜日・日曜日の利用者様が増えてきています。フロアでのレクリエーション・イベントは人気で「今日はだれが来るの??」と聞かれます。みんなで歌を唄ったり、ゲームで大きな声で笑うととても気持ちよく、元気になります。ボランティア活動参加、

ぜひお待ちしております。

利用料のご案内

生協ショートステイきたはまの郷のご利用料金

 

短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護事業所

          生協ショートステイきたはまの郷 運営規程

 (事業の目的)

第1条 浜北医療生活協同組合が開設する生協ショートステイのきたはまの郷(以下「事業所」という。)が行う指定短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護の事業(以下「事業」という。)の適正な運営を確保するために人員及び管理運営に関する事項を定め、事業所の生活相談員、看護職員又は介護職員、医師、栄養士、機能訓練指導員及び調理員その他の従業者(以下「生活相談員等」という。)が、要介護状態(介護予防にあっては要支援状態)にある高齢者に対し、適正な短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護を提供することを目的とする。

 (運営の方針)

指定短期入所生活介護の提供に当たって、事業所の生活相談員等は、要介護者の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練をより、要介護者の心身機能維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図る。

 2 指定介護予防短期入所生活介護の提供に当たって、事業所の生活相談員等は、要支援者が可能な限りその居宅において、自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援及び機能訓練を行うことにより、要支援者の心身機能の維持回復を図り、もって要支援者の生活機能の維持又は向上を目指すものとする。

3 事業の実施に当たっては、関係市町村、地域包括支援センター、居宅介護支援事業者、地域の保健・医療・福祉サービスとの綿密な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めるものとする。

 (事業所の名称等)

第3条 事業を行う事業所の名称及び所在地は、次のとおりとする。

① 名称   生協ショートステイきたはまの郷

② 所在地  浜松市浜北区高畑193

 (職員の職種、員数及び職務の内容)

第4条 事業所に勤務する職種、員数及び職務の内容は次のとおりとする。(介護予防も合算して表記する)

① 管理者 1名(常勤専従)

  管理者は、事業所の従業者の管理及び業務の管理を一元的に行う。

② 従業者

医師 1名(非常勤兼務)

生活相談員 1名(常勤専従)

介護職員、看護職員 8名以上(常勤及び非常勤専従 看護職員は非常勤兼務)

管理栄養士 1名(非常勤兼務)

調理員 4名(常勤専従1名 非常勤専従4名)

  従業者は、指定短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護の提供を行う。

 (利用定員)

第5条 指定短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護の利用定員は次のとおりとする。

① 単独型 24名

(短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護の内容及び利用料等)

第6条 事業の内容は次のとおりとし、指定短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護を提供した場合の利用料の額は、介護報酬の告示上の額とし、当該指定短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護が法定代理受領サービスであるときは、その1割の額とする。

① 入浴、排せつ、食事等介護及び日常生活上の世話

② 日常生活動作の機能訓練

③ 健康チェック

④ 送迎

⑤ 夜間看護体制

2 第7条における通常の事業の実施地域を越えて行う指定短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護に要した送迎の費用は、実施地域を越えた地点から自宅までについて、次の額を徴収する。

① 実施地域を越えた地点から、片道1キロメートルごとに 100

3  その他の費用

事業所は前項の支払を受ける額のほか、次の各号に掲げる費用の額の支払を利用者から受ける事ができる。なお、滞在費については、介護保険負担限度額の認定を受けている入所者の場合、その認定証に記載された金額を1日あたりの料金とする。食費については、介護保険負担限度額の認定を受けている利用者の場合は、その認定証に記載された金額と事業所設定金額とのどちらか低い額とする。

)滞在費  多床室 370円(12室)(1日あたり)、従来型個室 1,600円(12室)(1日あたり)

)日常生活費 100円(1日あたり)

)食費  朝食300円、昼食600円、夕食600円  合計1,500円(1日あたり)

)美容代 実費

4 事業所は、前項各号に掲げる費用の額に係わるサービスの提供に当たっては、予め利用者又はその家族に対し、当該サービスの内容及び費用について説明を行い、利用者の同意を得ることとする。

5 事業所は、前項各号に掲げる費用の支払を受けた場合は、当該サービスの内容と費用の額その他必要と認められる事項を記載したサービス提供証明書を入所者に対して交付することとする。

6 日常生活において通常必要となる費用で利用者が負担すべき費用は、実費を徴収する。

7 前各項の費用の支払いを受ける場合には、利用者又はその家族に対して事前に文書で説明をした上で、支払いに同意する旨の文書に署名(記名押印)を受けることとする。

 (通常の事業の実施地域)

第7条 通常の事業の実施地域は、浜松市(天竜区は旧天竜市地域)、磐田市の旧豊岡村区域とする。

 (サービスの利用に当たっての留意事項)

第8条 生活相談員等は、利用者に対して従業員の指示に従ってサービス提供を受けてもらうよう指示を行う。

2 生活相談員等は、事前に利用者に対して次の点に留意するよう指示を行う。

① 気分が悪くなったときはすみやかに申し出る。

② 共有の施設・設備は他の迷惑にならないよう利用する。

 (緊急時等における対応方法)

第9条 生活相談員等は、短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護の提供を行っているときに、利用者に病状の急変、その他緊急事態が生じたときは、速やかに主治の医師又はあらかじめ定めた協力医療機関に連絡する等の措置を講じ、管理者に報告しなければならない。

 (非常災害対策)

第10条 事業所は、防火管理についての責任者を定め、非常災害に関する防災計画を作成し、非常災害に備えるため、定期的に避難・救出等訓練を行う。

 (その他運営についての重要事項)

第11条 事業所は、生活相談員等の質的向上を図るための研修の機会を次のとおり設けるものとし、また、業務体制を整備する。

① 採用時研修 採用後1カ月以内

② 継続研修 年1

2 従業者は業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持する。

3 従業者であった者に、業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を保持させるため、従業者でなくなった後においてもこれらの秘密を保持するべき旨を、従業者との雇用契約の内容に含むものとする。

4 この規程に定める事項のほか、運営に関する重要事項は浜北医療生活協同組合と事業所の管理者との協議に基づいて定めるものとする。

 

    附 則

 この規程は、平成2751日から施行する。

生協介護センターきたはまの郷

生協ショートステイきたはまの郷 連絡先

〒434-0034 浜松市浜北区高畑193

電話 053-585-5800 ファックス053-585-5806

所長 西山 俊太郎