2016年 健康づくりチャレンジ 申し込み開始!!

チャレンジしたいコースをお選びください ※下部に申込用紙がございます

気持ちの良い汗を流しましょう(運動を組み合わせるとより効果的です)

健康な体づくりは食事から。お口の健康も忘れずに

良い生活習慣を続けましょう

自分流~オリジナルコース~にチャレンジ

申込み用紙は、「ダウンロード」をお願いします。

こちらの「申し込み用紙」をダウンロードして、ご記入ください。
IMG_20160902_0001 申し込み用紙.pdf
PDFファイル 665.0 KB

過去の取り組み (2015年健康づくりチャレンジ~2015年11月1日から12月末日)

〇 2015健康づくりチャレンジに参加希望の方は、下記の申し込み用紙をダウンロードしたご記入いただき、各支部の運営委員さんか、浜北医療生協本部事務局【電話053-585-5715】までお申込みください。

◆過去の取り組み 2014年度健康づくりチャレンジ

〔はじめに〕

浜北医療生協は「地域まるごと健康づくり」をテーマに健康でありたいという組合員の願いを応援しようと「健康チャレンジ2014」の企画をすすめてきた。

2013年支部長研修で郡山医療生協の健康チャレンジの取り組みに学び、2014年度はいよいよ本格的に浜北医療生協のオリジナルの健康チャレンジを準備し、全支部・事業所で取り組みを行ったので報告する。

① 浜北医療生協 2013年度の取り組みのふりかえり

8月、郡山医療生協に支部長研修に行った。

  9月~10月の支部長会議、法人理事会、支部運営委員会で討議し、運営委員会を中心に200名目標で健康チャレンジを実施することを決定。2013年度は「模倣してみる」年とし、2014年からの本格実施にむけて、支部運営委員会で積極的に受け止め、24のコースで111日からの2か月間実施した。応募者数は153名、延べ実施者数は112名であった。

② 浜北医療生協 2014年度の取り組みと経過

  2013年度の試行を受けて、2014年度は、浜北医療生協は本格的に取り組むことを総代会方針としてかかげた。

  6月の第一回実行委員会を皮切りに、9月まで延べ5回の実行委員会を開催し参加申込者目標は250人とした。

  健康づくりに関心のある方ならだれでも気軽に参加できるようにチャレンジコースは15コースとした。チャレンジ期間は10/111/302ヶ月間とした。

  チャレンジの規定や修了時の記念品として浜北医療生協の名入りボールペンとした。

  8月下旬にチラシを完成させ、浜北医療生協の機関紙「ひまわり」に折り込み参加組織を行った。

  全体参加者数、選択コースの詳細については当日報告する予定

③ 振り返りとまとめ

  6月からの実行委員会ではコースの選定を「参加する組合員目線」を大切にして討議してきた。

  健康チャレンジの魅力は、グループでも個人でも取り組むことができ、自宅で自分の好きな時間に楽しみながらチャレンジできることである。

  昨年の参加者から「やりきった後は達成感があり体調もよくなった。今でも継続してやっているので、今年は他のコースでまたチャレンジしたい」との声が寄せられている。

  コース確定後、コースごとの小冊子づくりに時間を費やした。2015年度開設予定の新しい介護施設建設運動との兼ね合いでかならずしも十分な参加組織ができなかった。

◆過去の取り組み紹介 2013年 

はじめに

3.11東日本大震災以降、支援活動を継続している郡山医療生協は、2009年から健康づくりチャレンジを実践してきており、医療生協だからできる地域づくりは、全国から注目される取り組みとなっている。

核害の街で日々健康被害が心配される地域での健康チャレンジの活動は、医療生協の存在意義そのものです。今年支部長研修で郡山医療生協に学び、取り組みを開始しましたので報告します。

①郡山医療生協のとりくみ

毎年5月から、専門委員会で準備を開始し、チャレンジコースの検討、コース講座、パンフレット作成など8月まで準備。9月~2か月間のチャレンジ実施です。申し込みは2009783名、20101688名、20111583名、20121803名でした。チャレンジ期間が組織強化月間とかさなっていることも重要で、健康チャレンジのおすすめとあわせて、仲間増やし行動を行っています。

 

②健康チャレンジの成果

・健康づくりチャレンジが組合員の枠を超えて、一人一人の健康づくりを一歩前へすすめる取り組みになった。

・毎年の経験を生かした準備期間(58)と、チャレンジスタート集会を節目に運動の広がりをつくりだした。

・チャレンジ推進委員が中心となって、地域で医療生協の健康づくりを語り広げた。

・支部全体でチャレンジに取り組み、参加者への丁寧な対応で、健康づくりが具体的に前進した。

・職員はチャレンジのコース選定へのかかわりと、評価、そして職員自身もチャレンジに参加した。

 

③浜北医療生協 2013年度の取り組み

8月、郡山医療生協に支部長研修に行った。

9月~10月の支部長会議、法人理事会、支部運営委員会で討議し、運営委員会を中心に200名目標で健康チャレンジを実施することを決定。2013年度は「模倣してみる」年とし、2014年からの本格実施にむけて、支部運営委員会では積極的な受け止めとなっている。

111日からの2か月間実施予定。

 

④まとめ

浜北医療生協では2012年度から「実感!!医療生協」を合言葉に、医療生協らしい組合員活動を意識的に行ってきた。2013年の健康づくりチャレンジはまさに医療生協を実感できる取り組みであり、2014年の本格実施にむけた準備期間としている。

来年、2013年度の取り組みのまとめと2014年度の健康チャレンジの経過報告をしたい。

浜北医療生協アクセスカウンター

求人情報

【看護師・介護職】

訪問介護員(ホームヘルパー)

お問い合わせ